試験・研究、評価、審査等を行う第三者機関です

一般財団法人 日本建築総合試験所

研修・講習等

コンクリート現場試験技能者認定制度(SiTeC)

SiTeCロゴコンクリート現場試験技能者認定制度(SiTeC・・・On-Site Testing of Concrete)は、建設現場で実施されるコンクリートの試験業務を適正に行う能力を持つ技能者を認定登録することにより、検査業務の更なる適正化と試験技能者の社会的立場を確立することを目的として、平成12年に設立した制度です。国土交通省近畿地方整備局をはじめ、大阪府、兵庫県等特定行政庁や大学、設計、監理、施工及び生コン製造、さらにエンドユーザーである消費者それぞれの団体から委員を迎えて運営しています(委員会)。
現在の認定項目は、「フレッシュコンクリートの受入検査」、「RI水分計によるフレッシュコンクリートの単位水量連続測定方式」、「電子レンジを用いたフレッシュコンクリートの単位水量推定のためのモルタルの採取方法および質量減少試験方法」、「コンクリートの反発度の測定方法」及び「電磁誘導法によるコンクリート中の鉄筋のかぶり厚さ測定方法」の5種類です(登録者一覧)。
なお、平成21年度より、認定登録者を公正に認知された者として位置づけるために、JIS Q 17024(適合性評価-要員の認定を実施する一般要求事項)に従って、認定者を登録することとしました。このJIS Q 17024適用にあたり、当該JISで規定される「サーベイランス(認証された要員(認定登録者)の継続的な力量を確認し、客観的に公平な評価が行われていることの証明)」を登録有効期間中に実施します。詳しくは、「サーベイランス実施について」をご覧下さい。

認定区分

 
認定区分F:フレッシュコンクリートの受入検査
実施年度 2017年度後期
実施会場 大阪(神戸)・東京・札幌・福岡
実施時期 11-1月
実施日数 研修:1日(希望者) / 筆記試験:半日 / 実技試験:半日
費 用 受講料:20,000円 / 筆記試験料:5,000円 / 実技試験料:10,000円 / 登録料:5,000円

各費用には消費税等(8%)を含みます

受験資格
案内・申込

開催案内 申込書

申込期限 大阪:平成29年10月20日(金)
東京:平成29年11月10日(金)
札幌・福岡:平成29年12月22日(金)必着
認定範囲 普通コンクリート、高強度・高流動コンクリート他の受入検査を実施する試験技能者を認定
認定項目
  1. フレッシュコンクリートの試料採取(JIS A 1115)
  2. スランプ試験(JIS A 1101)
  3. 空気量の測定(JIS A 1128)
  4. 塩化物量の測定(JASS 5 T-502)
  5. 供試体作製(JIS A 1132)
  6. スランプフロー試験(JIS A 1150)
  7. フレッシュコンクリートの温度測定(JIS A 1156)
   
認定区分Ft:フレッシュコンクリートの受入検査
実施年度 2017年度後期
実施会場 東京
実施時期 12-1月
実施日数 研修:1日(希望者) / 筆記試験:半日 / 実技試験:半日
費 用 受講料:20,000円 / 筆記試験料:5,000円 / 実技試験料:15,000円 / 登録料:5,000円

各費用には消費税等(8%)を含みます

受験資格
案内・申込

開催案内 申込書

申込期限 平成29年11月10日(金)必着
認定範囲 普通コンクリート、高強度・高流動コンクリート他の受入検査を実施する試験技能者を認定
認定項目
  1. フレッシュコンクリートの試料採取(JIS A 1115)
  2. スランプ試験(JIS A 1101)
  3. 空気量の測定(JIS A 1128)
  4. 塩化物量の測定(JASS 5 T-502)
  5. 供試体作製(JIS A 1132)
  6. スランプフロー試験(JIS A 1150)
  7. フレッシュコンクリートの温度測定(JIS A 1156)

登録者は、東京都建築材料試験連絡協議会制定の「高強度コンクリート採取試験会社審査基準」2.採取技術者等の「高性能コンクリート採取に関する試験技能者」に適合します。

 
認定区分FA:RI水分計によるフレッシュコンクリートの単位水量連続測定方法
実施年度 2017年度前期
実施会場 大阪(神戸)
実施時期 6月
実施日数 研修:1日(必修) / 筆記・実技試験:半日
費 用 受講料:20,000円 / 筆記試験料:5,000円 / 実技試験料:5,000円 / 登録料:5,000円

各費用には消費税等(8%)を含みます

受験資格
案内・申込 -
申込期限 開催終了
認定範囲 フレッシュコンクリートの単位水量推定のための手法、いわゆる連続式RI法を適正に実施できる能力をもつ技能者を認定
認定項目
  1. ラジオアイソトープ水分計によるフレッシュコンクリートの単位水量連続測定方法(JCMSⅢ-C2309)

(一社)日本建材・住宅設備産業協会の団体規格

 
認定区分FB:電子レンジを用いたフレッシュコンクリートの単位水量推定のための
モルタルの採取方法および質量減少試験方法
実施年度 2017年度後期
実施会場 大阪(神戸)
実施時期 1月
実施日数 研修:1日(必修) / 筆記・実技試験:半日
費 用 受講料:20,000円 / 筆記試験料:5,000円 / 実技試験料:10,000円 / 登録料:5,000円

各費用には消費税等(8%)を含みます

受験資格
案内・申込

開催案内 申込書

申込期限 平成29年11月24日(金)必着
認定範囲 電子レンジを用いたフレッシュコンクリートの単位水量推定に用いられるモルタルの採取および質量減少測定を適正に実施できる能力をもつ技能者を認定
認定項目
  1. 電子レンジを用いたフレッシュコンクリートの単位水量推定のためのモルタルの採取方法および質量減少試験方法(STS-01)

コンクリート現場試験技能者認定制度(SiTeC)下の規格

 
認定区分HA:コンクリートの反発度の測定方法
実施年度 2017年度前期
実施会場 大阪(神戸)
実施時期 7月
実施日数 研修:半日(必修) / 筆記・実技試験:半日
費 用 受講料:15,000円 / 筆記試験料:5,000円 / 実技試験料:5,000円 / 登録料:5,000円

各費用には消費税等(8%)を含みます

受験資格
案内・申込 -
申込期限 開催終了
認定範囲 硬化コンクリートの強度推定に用いられる反発度の測定技能者を認定
認定項目
  1. コンクリートの反発度の測定方法(JIS A 1155)
 
認定区分HB:電磁誘導法によるコンクリート中の鉄筋のかぶり厚さ測定方法
実施年度 2017年度後期
実施会場 大阪(神戸)・東京
実施時期 11-1月
実施日数 研修:1日(必修) / 筆記・実技試験:半日
費 用 受講料:15,000円 / 筆記試験料:5,000円 / 実技試験料:5,000円 / 登録料:5,000円

各費用には消費税等(8%)を含みます

受験資格
案内・申込

開催案内 申込書

申込期限 大阪:平成29年11月2日(木)
東京:平成29年11月17日(金)必着
認定範囲 かぶり厚さの測定技能者を認定
認定項目
  1. 電磁誘導法によるコンクリート中の鉄筋位置の測定方法(JASS 5 T-608)

認定・登録

合格者は本制度の現場試験技能者として登録することができます。登録の有効期間は、新規に取得した場合は認定日より4年間、更新により取得した場合は、保有する登録期間満了日の翌日から4年間となります。ただし、更新資格を得るには、登録の2年後に行われるサーベイランスの受講が必須です。

ダウンロード

登録内容変更申請書

登録内容に変更がある場合は、登録内容変更申請書をダウンロードしていただき、必要事項記入押印のうえ、研修室にお送りください。

登録証再発行申込書

登録証(カード・シール・手帳)の再発行は実費にて承ります。登録証再発行申込書に必要事項記入のうえ、研修室にお送りください。



お問い合わせ先

研修室 お問い合わせ
〒565-0873 大阪府吹田市藤白台5-8-1map
Tel.06-6834-4775 Fax.06-6872-0413
ページの先頭へ