試験・研究、評価、審査等を行う第三者機関です

一般財団法人 日本建築総合試験所

試験・研究

材料試験

建築材料は種類が多く、また新しい材料の開発も活発に行われています。これらの材料の品質や性能を確認することは、建物の耐久性や安全性を確保する上で重要なことです。
材料試験室では、建築材料の物理的・化学的な試験を行うほか、各種材料の劣化の状況や原因を調べます。コンクリートのアルカリシリカ反応性に関しては多種の試験・評価を行っています。さらに、新しい試験方法や評価手法の開発にも取り組んでいます。

コンクリート試験

コンクリート試験コンクリートに使用される材料や各種コンクリートの性能について試験します。

詳細はこちら

分析

分析骨材やコンクリートのアルカリシリカ反応性、硬化コンクリートの塩化物濃度や配合推定、硫酸塩反応などの試験・分析を行います。

詳細はこちら

建材試験

建材試験内外装仕上材・下地材など各種建材の力学的性能や耐久性能を、JISなどの規格に基づいて試験します。

詳細はこちら

調査研究紹介(材料試験)

試験業務のほかに、調査研究にも取り組んでいます。

詳細はこちら

事業案内パンフレット

材料試験



建築材料に係わる問題につきましては、内容に適した試験・調査を検討させて頂きますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ先

材料部
材料試験室 お問い合わせ
〒565-0873 大阪府吹田市藤白台5-8-1map
Tel.06-6834-0271 Fax.06-6834-0995
ページの先頭へ