試験・研究、評価、審査等を行う第三者機関です

一般財団法人 日本建築総合試験所

試験・研究

風洞試験

建築物周辺の風の挙動、建築物に作用する風力、風による建築物の振動等を知るために縮小模型を用いて風洞試験を行っています。

超高層建築物、大スパン屋根構造物、および軽量でフレキシブルな煙突、鉄塔などの構造物は、風による影響を受けやすく、正確な風荷重を予測して確実な耐風設計を行うことが重要です。広告板や太陽電池パネルなどの建築物に付属する工作物も強風被害を避けるために、正確な風荷重を知る必要があります。当部門は建築物や工作物の風荷重を設定するための風圧係数や風力係数の測定の他、高層建築物周辺のビル風の予測や、高層建築物の風揺れによる居住性の評価などを行っています。また、風環境の実測調査も行っています。

風洞実験内容

風環境実験
建物周辺の風向・風速測定中の状況
建物周辺の風向・風速測定中の状況

本実験では建物周辺の風向・風速の測定を行い、最寄りの気象観測所における気象データと合わせて建物建設前後の風環境を予測します。
また、建物の建設により風環境の悪化が予測される場合には有効な対策案を検討します。

風環境実験の流れ
風圧実験
壁面の小さな穴が風圧測定点
壁面の小さな穴が風圧測定点

本実験では建物壁面に風圧測定孔を設けた模型を用いて壁面の風圧分布を把握することを目的としています。また、実験結果をもとに外装材設計用風荷重や構造骨組風荷重の算定を行います。

風圧実験の流れ
風力実験
模型の下部に設置した荷重計(風洞天秤)
模型の下部に設置した荷重計
(風洞天秤)

建物全体に作用する風力を測定し、構造骨組用風荷重の検討資料を得ることを目的とします。また、風力の測定結果を解析して建物の風による振動の予測・居住性能の評価も行っています。

空力振動実験
建物模型が風により振動している状況
建物模型が風により振動している状況

空力振動実験装置を用いて、風による建物の振動応答を直接測定し、建物の振動性状の把握と空力安定性の検討を行います。
静止模型を用いた風力実験とは違い、建物が動くために生じる付加的な風力も外力として作用した状態での応答が測定されるため、大変形により構造物に作用する風力の変化が発生する場合の応答予測に対応できるものです。

実際の建物についての実測調査
屋外での風向・風速測定中の状況
屋外での風向・風速測定中の状況

風洞実験だけでなく、実際の建物について、屋外における風向・風速、建物の風振動時における加速度などの実測調査も行っております。

風洞実験装置

詳しくはこちら

事業案内パンフレット

風洞試験



風に係わる問題につきましては、内容に適した試験・調査を検討させて頂きますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ先

環境部
耐風試験室(風洞部門) お問い合わせ
〒565-0873 大阪府吹田市藤白台5-8-1map
Tel.06-6834-0919 Fax.06-6834-0995
ページの先頭へ