試験・研究、評価、審査等を行う第三者機関です

一般財団法人 日本建築総合試験所

Q&A ・ お問い合わせ

耐火・防火試験のQ&A

防火材料・防耐火構造共通

試験を行いたいのですが、どこに連絡すれば良いですか?
国土交通大臣認定取得のための性能評価試験は、建築確認評定センター性能評定課で受付しています。準備すべき資料、性能評価の流れ等はこちらをご覧下さい。性能評価試験以外の試験は、耐火防火試験室(本部)にご連絡下さい。
試験実施する場所はどこになりますか?耐火防火試験室(池田)が業務開始したようですが。
防火材料試験・屋根飛び火試験は、耐火防火試験室(本部)で実施しています。池田ではありませんのでお間違えなきよう願います。 防耐火構造試験は、耐火防火試験室(本部)と耐火防火試験室(池田)の2箇所で実施しています。本部には柱炉、床・はり炉、壁炉(2基)があり、池田には壁炉(2基)があります。柱、床、はり、屋根および小型炉を用いた試験は本部で実施しています。壁、防火設備等の試験は本部、池田のどちらでも実施可能ですので、試験時にはお間違えなきよう願います。

防火材料試験関係

どのような試験装置を所有されていますか?
当部門が所有している試験装置は以下のとおりです。
  1. 発熱性試験装置(コーンカロリーメータ)(ISO 5660):2台
  2. 不燃性試験装置(ISO 1182)
  3. 模型箱試験装置
  4. ガス有害性試験装置
  5. 屋根飛び火試験装置(ISO 12468-1)
  6. 着火性試験装置(ISO 5657,JIS A 9521,9523)
  7. 基材試験装置(JIS A 1321)
  8. 防炎性試験装置(JIS A 1322)
  9. 実大可燃物燃焼試験装置
なお、上記1.~5.の試験装置は、国土交通省大臣認定(防火材料性能評価)の適用試験装置です。
いきなり性能評価試験・性能試験を依頼するには、試験に合格する自信がありません。性能が確認できる方法はありませんか?
性能評価試験とは別に「予備試験」を設定しております。申請される材料がどの程度の性能なのか確認する等、でご利用下さい。

防耐火構造試験関係

有機系断熱材を使用している試験体も試験できますか。
当所では排煙装置を整備しておりますので、ある程度の有機系断熱材を含んだ試験体にも対応しております。ただし、試験中の自己燃焼が激しく炉を損傷する可能性のある状況になった場合、やむを得ず試験を中断することもありますので、予め御了解頂いた上で試験を実施しています。
評価試験を受ける前に、小さな試験体で性能確認できませんか。
壁炉、水平炉での試験に対応した小型炉がございます。どちらもおよそ1m四方(有効加熱範囲670mm四方)の試験体を御準備下さい。詳細な寸法は試験体厚さによっても異なりますので、詳細は別途打合せ下さい。小型炉では載荷加熱はできない点と、試験体の大きさの違いによる脱落性能等は確認できない点を御了解下さり、あくまでおよその性能確認として御利用頂くことをお勧めいたします。 また、柱試験体については、水平炉内に高さ1m程度の試験体を入れて試験する方法を行っております。この場合も載荷加熱はできませんので、非損傷性を鋼材温度で調べることになります。
評価試験が不合格になった場合の試験料金を教えて下さい。
評価試験が不合格になった場合は、性能試験に切り替えます。その料金は、料金表に記載している料金となります。試験を1体で終了された場合は料金表「1件=2体の依頼から1体中止になった場合」の料金を、2体実施された場合は「1件=2体」の料金が適用されます。さらに、評価試験として事前にお打ち合わせさせて頂いた費用として3万円申し受けておりますのでご了承下さい。
実施可能な加熱条件を教えて下さい。
加熱温度についてはISO 834 or JIS A 1304に準ずる標準加熱温度曲線(以下、ISO標準加熱)に対応しております。ISO標準加熱よりも、著しく高い温度や急な加熱を要する試験規格(RABT、金庫の急加熱試験など)は基本的には対応しておりません。ISO標準加熱ではない加熱条件でも実施可能な場合もございますので、お問い合わせ下さい。 また連続加熱可能時間は、ISO標準加熱の場合は3時間まで対応しております。その他の加熱条件の場合は、お問い合わせ下さい。

ページの先頭へ