試験・研究、評価、審査等を行う第三者機関です

一般財団法人 日本建築総合試験所

性能評価・性能証明等

プレキャストコンクリート生産技術性能証明

プレキャストコンクリート生産技術性能証明では、建築構造部材プレキャストコンクリート製品に用いるコンクリート強度が設計基準強度を上回ることを保証するための生産技術の証明を行っています(プレキャストコンクリート生産技術性能証明案件一覧)。

事前相談から生産技術性能証明書発行までの流れ(フロー)

プレキャストコンクリート工場で製造される建築物の柱、はり等の主要構造部材のプレキャストコンクリート製品に用いるコンクリートの生産技術を対象としています

申込生産技術の成果物である製品化されたプレキャストコンクリート部材またはそれを使用した個々の建築物を対象とするものではありません

新規お申込みの場合の標準的なフロー
新規お申込みの場合の標準的なフロー
  1. 工場審査は、専門委員2名で実施します(製品試験の確認)
  2. 荷揚げ時検査は国外工場のみを対象とし、専門委員2名で実施します(コアによる強度確認等)
  3. 生産技術性能証明書の有効期間は3年間です
更新の場合の標準的なフロー
更新の場合の標準的なフロー
  1. 工場審査は、専門委員2名で実施します(製品試験の確認)
  2. 生産技術性能証明書の有効期間は3年間です
変更の場合の標準的なフロー
変更の場合の標準的なフロー
  1. 工場審査は、専門委員2名で実施します(製品試験の確認)
  2. 荷揚げ時検査は国外工場のみを対象とし、専門委員2名で実施します(コアによる強度確認等)
  3. 変更内容によっては、第一部会、第二部会、荷揚げ時検査を省略することがあります
  4. 生産技術性能証明書の有効期間は3年間です

審議

  1. 第一部会(生産システム部会)
    専門委員(当法人の認証審査にあたる審査員の資格基準に適合する者)による社内規格等の文書審査及び工場審査を実施します。
    技術的生産条件の確認時に準拠する主な日本工業規格

    JIS A 5308(レディーミクストコンクリート)

    JIS Q 1011(適合性評価-日本工業規格への適合性の認証-分野別認証指針(レディーミクストコンクリート))

  2. 第二部会(生産技術部会)
    委員(学識経験者)による技術的内容の事前審査を実施します。
  3. 生産技術性能証明委員会
    委員(学識経験者)による生産技術性能証明の審査を実施します。

証明費用

申請書等(ダウンロード)の生産技術性能証明料金規程をご覧下さい。

申請書等(ダウンロード)

1 生産技術性能証明申込書(新規)

Word

2 生産技術性能証明申込書(更新)

Word

3 生産技術性能証明申込書(変更)

Word

4 生産技術性能証明業務規程

PDF

5 生産技術性能証明業務約款

PDF

6 生産技術性能証明料金規程

PDF



お問い合わせ先

性能評価
材料メールサービス お問い合わせ
〒540-0026 大阪市中央区内本町2-4-7 大阪U2ビル5Fmap
Tel.06-6966-7600 Fax.06-6966-7680
ページの先頭へ